スタッフ家づくりブログ~土地の造成、地盤改良

2022.05.23

土地の造成が始まりました。

こんにちは。AGINGWELLの野澤星羽です。
私が小学生だった頃この周辺でよく虫取りやザリガニ取りをして遊んだものです。
昔は田んぼや畑だった場所も少しずつ住宅街へと変わっていき少し寂しい気持ちにもなります。
ですが、私たちが暮らす熊取町は山が近く今でも多くの自然が残っています。
最近では昔に比べ川が少しずつ綺麗になり、近くの川でホタルを見ることが出来ます。

少しづつ綺麗になっていく熊取町の街並みや自然に溶け込むような美しい建物を創っていきたいものです。

造成の様子

造成工事が始まると早いもので、あっという間に宅地へと姿を変えました。
前の道はセットバックし、新たに溝が造られました。

地盤調査、地盤改良

地盤調査とは

建物などを建てる前に、その地盤がどの程度の建物の重さに耐え、沈下に抵抗する力(地耐力という)をもっているかを調べることです。
どんなに地震に強いお家を私たちが建てたとしても、その下の地面が弱ければ沈下し、お家は倒れてしまいます。
イメージでいうと豆腐の上にお家を建てようとは思いませんよね。ですが地面を見ただけではその土地が豆腐なのか判断することは出来ません。
それを調査するのが地盤調査なのです。表面ではなく、もっともっと地中深くのお話です。

地盤改良

地盤調査の結果地盤に満足する強度が無ければ改良をする必要があります。改良にはやはりコストが掛かるので、コスト面で家づくりに大きく影響する場合があります。
この土地はもともと農地だったので少し柔いのかな?と思っていましたが、意外にも地盤改良は必要ないという結果でした。

地盤改良を踏まえて土地を選ぶ!?

土地選びの際、出来れば避けるべき条件がいくつかあります。
例えば有名な話しで言うと、元々田んぼだった土地や、池などを埋め立てた土地は地面が柔らかいので余り良くないと耳にしたことがあるかと思います。
何故そう言われているかというと、地面が柔らかい可能性が高いからです。あくまで可能性です。
水が溜まっていた土地なのでイメージは良くないですが、実際のところ地中深くを調査してみないと分からないこともあります。
逆のパターンで地面が堅そうでも地中深くが柔らかく家を建てるのに不向きな土地もあります。
表面では判断できないのが事実です。ですから土地を購入し地盤改良が出ても対応出来る予算組を工務店にしてもらうことがとても大切になってきます。

 

少しずつ工事の経過を載せていきますので見て頂けたら嬉しいです。

読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

南大阪でおしゃれな家を建てる工務店

AGING WELL [株式会社野澤工務店]

〒590-0415 大阪府泉南郡熊取町五門西2-4-45

お問い合わせ先 072-425-0888 [お問い合わせページはこちら]

営業時間 9:00〜18:00[不定休]

【施工可能エリア】

泉南郡熊取町/田尻町/岬町・泉北郡忠岡町/岸和田市・泉大津市・和泉市・貝塚市/泉佐野市・泉南市・阪南市

その他のエリアはご相談ください。

[施工事例はこちらから]

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

RECOMMEND COLUMN

no image 家づくり全ての記事

ZEHについて

2021.05.14

ゼロエネルギー住宅って?野澤工務店の2025年度に向けたZEH普及率目標・実績の公表。取り組みのご紹介。

スタッフブログ全ての記事

素敵に歳を重ねるの"本質"

2021.07.31

AGING WELL ウェブサイトリニューアルに合わせ本格的にブログの更新が始まりました! 今までブログというものを書く機会が中…

お知らせ全ての記事

サイトリニューアルのお知らせ

2021.05.14

この度、AGING WELL - 株式会社 野澤工務店のオフィシャルWebサイトをリニューアルしたことをご報告いたします。